萌娘百科衷心希望新型冠状病毒肺炎疫情早日结束! | 创建原型类条目前请阅读关于原型类条目收录方针变动的公告
七日内新公告:关于网站网络波动的公告
  • 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~

トーデス・トリープ

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书!转载请标注来源页面的网页链接,并声明引自萌娘百科。内容不可商用。
跳转至: 导航搜索
3605875.jpg
本曲目已进入殿堂

恭喜本曲目超过10万次播放,获得了VOCALOID殿堂曲的称号。

トーデストリープ.jpg
Illustration by 片井雨司
歌曲名称
トーデス・トリープ
死亡本能
Todestribe
于2017年12月1日投稿至niconico,再生数为562,000+
同日投稿至YouTube,再生数为1,051,000+
演唱
GUMI
P主
ユリイ・カノン
链接
Nicovideo  YouTube 
#03 ルナティック人生賛歌
#03 荒唐无稽的人生赞歌 
——投稿説明文

トーデス・トリープユリイ・カノン于2017年12月1日投稿至niconico及YouTube的Vocaloid原创歌曲,由GUMI演唱。

ユリイ・カノン的第十作。

本曲的世界观与スーサイドパレヱド相同,PV的分镜中插入的文字也出现了スーサイドパレヱド的歌词。

歌曲

词·曲·PVユリイ・カノン
曲绘片井雨司
演唱GUMI
宽屏模式显示视频

歌词

トーデス・トリープ
死亡本能
ねえ ガラクタとしたこのから
呐 从这个已经化作了废墟的世界中逃离
げるのは容易たやすいはずなのに
明明应该很容易才是
未練みれんがましくいきをしている
在依依不舍地呼吸着的同时
屋上おくじょうのフェンスをつかみる
紧握屋顶上铁栅栏的手逐渐冻僵
がれかけのゆめえていく
正在脱落的梦境逐渐腐坏着
あまつさえ いたみでねむれない
还因为疼痛而无法入睡
あめれた路地裏ろじうらすみ
在被雨水淋湿了的胡同的一角
かおねこ死骸しがい
见到了一只无面之猫的死尸
今日きょうもまた群衆ぐんしゅうけて
今天也仍然只会在群众中间
みぎならうだけのおろかなぼく
随波逐流的愚蠢的我
人生じんせいというおりなか
在名为人生的牢笼中
ばつくだるそのまでおびえている
始终惧怕着降下惩罚的那一天
どうか みにくいくらいにうつくしいあい
请用那已经到了丑陋程度的美丽的爱
このこころえぐってくれよ
将这颗心挖出来吧
えないすくいにばすように
为了能够向目光所不及的救赎伸出手
ゆめうたっている
而不断歌唱着梦
いっそ えないくらいにぐしゃぐしゃにいて
不如就好好感受下这压迫撕裂到
きているってかんじさせて
再也无法愈合的程度的生命吧
こぼれた感情かんじょう一滴いってきのこさず
给我将从中溢出的感情一滴不剩地
してくれ
全部都喝干净
きずうまでいたみはらない
唯独请让我装出直到背负了伤口之前
かなしいふりしていただけだったんだ
都还不知道疼痛的这份悲伤吧
ぼろぼろにつぶした理想りそう瓦礫がれきから
在理想被击溃成一片破烂不堪后的瓦砾之中
なに
爬出来的新芽将会遭受些什么呢
神様かみさまおしえて僕達ぼくたち
神明大人,请教教我们
ただしいひとかた
什么才是人类正常的生活方式吧
いつだってひとうすっぺらな
在无论何时人类都以自己肤浅的情感
じょう不幸ふこうあわれんだ
同情着他人所遭受的不幸
やさしさでひとすくわれる?
用温柔的态度可以将他人所拯救吗?
いつかはぼくむくわれる?
什么时候我也能获得回报呢?
にたいとかのたまうだけの日々ひび
在仅是宣言着想要死去之类的日子里
だれの心臓しんぞうにもなれない
根本无法成为任何人的心脏
どうか みにくいくらいにあさましいこえ
请用那已经到了丑陋程度的凄惨的声音
ゆるしをう ぼくさば
将乞求着饶恕的我所制裁吧
いのち輪郭りんかくつたしずく
沿着生命的轮廓流下的露珠
何色なにいろだろう
究竟会是何种颜色呢
こんな 無様ぶざまゆがんだぼくらの未来みらい
扭曲成这般狼狈模样的我们的未来
神様かみさまわらっているの
被神明大人不断嗤笑着
今日きょうも あいわらず
今天也为依旧没有改变
こたえのとい苦悩くのうしている
连答案也不存在的问题所苦恼着
グッバイ またえるそのまで
再见 直到再次相会的那一日
かれ遺書いしょつづりながらわら
他一边为遗书缀句一边笑着
人間にんげんという怪物かいぶつはここで
名为人类的怪物在这里
つみをいくつかえしてきただろう
千万次不断重复着自己犯下的罪行
どうか みにくいくらいにうつくしいあい
请用那已经到了丑陋程度的美丽的爱
このこころえぐってくれよ
将这颗心挖出来吧
えないすくいにばすように
为了能够向目光所不及的救赎伸出手
ゆめうたっている
而不断歌唱着梦
どうか みにくいくらいにうつくしいあい
请用那已经到了丑陋程度的美丽的爱
このこころえぐってくれよ
将这颗心挖出来吧
きていたいなんてねがった
请将居然希望能够活下去什么的
あのぼくころして
那一日的我所杀死吧

歌曲相关

关于曲名

  • 来源于B站评论区

トーデス・トリープ来源于德语Todestribe,意为“死亡本能”,由奥地利心理学家弗洛伊德提出。

按照弗洛伊德的学说主张,这种学说认为每个人的身上有一种趋向毁灭和侵 略的本能。而达冲动起初是朝着我们自己本身而发的。弗洛伊德认为这个死亡的本能设法要使个人走向死亡,因为那里才有真正的平静。只有在死亡--这个最后的休息里,个人才有希望完全解除紧张和挣扎。生命由无机物演化而成,人从黑暗、温暖而平静的子宫而来。睡眠与死亡的境界与人所来自的地方条件相似,所以生命一旦开始,一种意欲返回无机状态的倾向随之而生,这就是死亡本能的来源。

平常所谓的攻击驱力,可以说就是死亡本能的衍生物,只不过只将毁灭的对象从自身转移到他人而已。当指向外界的攻击驱力因受到障碍而无法满足时,便会转向攻击自己(例如自杀)以图自我毁灭。它是促使人类返回生命前非生命状态的力量。死亡是生命的终结,是生命的最后稳定状态,生命只有在这时才不再需要为满足生理欲望而斗争。只有在此时,生命不再有焦虑和抑郁,所以所有生命的最终目标是死亡。死亡本能派生出攻击、破坏、战争等一切毁灭行为。当它转向机体内部时,导致个体的自责,甚至自伤自杀,当它转向外部世界时,导致对他人的攻击、仇恨、谋杀等。

在PV的分镜中出现的文段

  • 翻译:Eko
昔々。神様が人間の形をしていた頃のお話。
这是很久很久以前,在神还具备人之形体时发生的故事。
神様はとても大きな力を持っていました。
神具有极为强大的力量。
神様はとても優れた知恵を持っていました。
神具有无人能比的智慧。
人間たちは神様を崇め、畏れ、謳えました。
人们崇拜、敬畏、歌颂着神。
ある日、優しい人間がお願いをしました。
有一天,善良的人许下了愿望。
永遠の命が欲しいと。神様はその願いを叶えてあげました。
许愿得到永恒的生命。神实现了这个愿望。
ある日、慈悲深い人間がお願いをしました。
有一天,大发慈悲的人许下了愿望。
惡しき者に裁きをと。神様はその願いを叶えてあげました。
许愿为作恶之人降下制裁。神实现了这个愿望。
ある日、神様が最も愛する人間がお願いをしました。
有一天,神最深爱的人许下了愿望。
自分も神様になりたいと。神様はその願いを叶えてあげました。
许愿自己也能变为神。神实现了这个愿望。
その日から、神様にお願いをする人はいなくなりました。
从此以后,再也没有人向神许愿。
今日死んだっていいって
即使今天死去也毫无眷恋
いつだってそう思ってた
一直都是这么认为的
―正しい人の生き方を―
——正确之人的活法——
人間は幸福を求める。それは自分が幸せじゃないから。彼もそうだった。自分の幸せの為に命を削った。
人类追求幸福,那是因为自身并不幸福。他也与常人无异。为了自己的幸福不断消耗着生命。
彼は不幸だった。
他是如此不幸。
遊ぶことに夢中になって、帰るのが遅くなった泥だらけの自分を優しく叱ってくれる家族がいた。
他拥有一个当自己玩游戏太入神而耽误回家时,能够温柔斥责满身泥巴的自己的家庭。
彼は不幸だった。
他是如此不幸。
誰よりも勉強して取った、クラスで一番のテストの点数を褒めてくれる家族がいた。
他拥有一个当比谁都努力学习,考试拿到全班第一的分数时,能够表扬自己的家庭。
彼は不幸だった。
他是如此不幸。
温かい食卓を囲む家族がいた。おはようを言ってくれる家族がいた。おやすみを言ってくれる家族がいた。家族がいた。
他拥有会围绕着温馨的饭桌吃饭的家庭。他拥有会对自己说早安的家庭。他拥有会对自己说晚安的家庭。他拥有家庭。
彼は不幸だった。
他是如此不幸。
その幸福に気付けなかったのです。
他不能够察觉到自己的幸福。
きみに触れて 心が芽生えて
与你接触后 心中萌生出嫩芽
生きていたいと願ってしまったんだ
居然开始希望自己能够活下去
―雨に濡れた路地裏の隅で―
——在被雨淋湿的胡同一隅——
焦げ茶色に煤けたパイプ達。無造作に張られた電線。息を漏らし続けるダクト。その人工的な樹海は街の喧騒から開放された、仄暗い路地裏。
管道被煤烟熏成棕黑色。电线被胡乱拉起。通风管道也在不断漏气。这片阴暗的胡同位于人工树海之中,免于喧嚣街道的打扰。
煙草の吸い殻や、破けたゴミ袋から溢れた生ゴミをまたぎ、路地裏の奥へ進んで行った少年は慣れた足取りで目的の場所へ着くとそっとしゃがみ込む。
少年跨过烟头,绕过从塑料袋破洞中满溢而出的厨余垃圾,熟练地走向小巷深处,到达目的地后小心翼翼地蹲了下来。
「今日はこれだけしか無いんだ」
「今天只有这些。」
少年は小さな声でそう言いながら鞄から取り出した数切れのハムを木箱の中へ置く。木箱の住民がそれの匂いを嗅ぐと、むしゃむしゃと食らいついた。
少年一边小声说着,一边从包里取出几片火腿放到了木箱之中。木箱中的居民闻到了肉香之后,狼吞虎咽地吃了起来。
猫。一歳程の黒猫。
是猫。约摸一岁的黑猫。
少年は初めてその猫と遭った日から何度もここへ来ては餌を与えていた。しかし七歳の少年に猫一匹を養える程の金銭的な余裕は当然無い。少年の学校の給食や自分の家の夕食で出されたものをこっそりと持ち出してはこうして猫に食べさせていた。
少年自从第一次遇见黑猫之后反复来到此处喂食。但是一个七岁的少年理所当然不会有足够养得起一只猫的经济能力。因此少年只能偷偷带出学校的伙食或者自己家的晚饭,然后将它们喂给黑猫。
そんな生活が一ヶ月近く続いた。
这样的生活持续了将近一个月。
少年の家の者は、少年が食べ物をどこかへ持って行っている事に気付いていたが、何も言わなかった。
少年的家人虽然注意到了他会将食物带去某处,但一直保持着沉默。
その日も、少年は夕飯を食べ終えるとすぐに席を立った。
那天少年如同往常一样,吃完晚饭以后就立刻离开了饭桌。
「ちょっと出かけてくる」
「我出去一下。」
「お気をつけて。あまり遅くなりませんように――」使用人の言葉を聞き終わる前に少年は家を出る。
「注意安全。不要回来得太晚了——」佣人话音未落,少年就跑出了家门。
その日は雨が降っていた。
那天下着雨。
甲斐無い心臓を差し出し
献出脆弱的心脏
きみを救い出せるすべを手に入れても
即使得到了拯救你的方法
―醜いくらいに美しい愛で―
——用近乎丑陋的美丽的爱——
あの子は私を憎んでいるだろうか。
那个孩子会恨我吗。
私は生きた人間で言うところの二十歳前後の精神を持っているらしい。実際、目覚めた瞬間から私は知識と共に、常識や観念なども植え付けられていた。
用活人来比喻的话,我拥有年龄为二十岁左右的人类的精神状态。实际上除了知识之外,在醒来的瞬间我就被灌输了相应的常识与观念。
それ以前に私は存在しなかったはずなのに、所謂大人と変わらない程の経験や知識を本能として持って産まれてきたのだ。
虽然在这之前我并不存在,但是我却把接近于成人的经验与知识作为本能,降生在这个世上。
そして、こうして感情さえも持っている。
并且如你所见,我甚至具有感情。
人工物なのに、私は痛みを知っている。傷を見れば、その苦痛を想像する。でも自分は"痛み"という物を感じることはできない。
明明是人工的产物却知晓痛觉。看到伤口就会想象当时所受的苦痛。但是我自己却无法感受到“疼痛”。
人間のように他者の境遇や気持ちに思いを馳せ、喜ぶことも悲しむこともできる。しかし、涙を流すことはできない。
我也可以像人类一样幻想他人的境遇和心情,并为此喜悦或者悲伤。但是,我无法流泪。
そんな矛盾した自分の存在を時には気味悪く思うこともあった。
我的存在是如此地矛盾,以至于有的时候自己都会感觉到厌恶。
偽物のくせに。――あの子の言葉が頭の中でぐるぐると回り続けている。
明明只是个赝品。——那孩子的话语一直回荡在我的脑海之中。
私は偽物だ。悲しいふりをしていただけだった。
我就是赝品。一直伪装着悲伤的神情。
いつの間にかあの子のことを理解しているつもりになっていた。いつまでも幼かったあの頃のままであるはずがない。
不知不觉中我也能够理解那个孩子的想法了。他不可能一直保持年幼的样子。
あの子と手を繋いで歩いたのはいつが最後だろうか。知らないうちにどこかで大人になっていく。嬉しい反面、寂しくもある。
最后一次和他手牵手走在路上是什么时候的事情了,回过神来他已经成长为大人。虽然感到高兴,但又有些寂寞。
あの子と暮らし始めてもう八年。使用人として、付き人として、家族として私はあの子と生きてきた。
与他一起起居的生活已经过了八年。作为佣人,作为随从,作为家人,我和他一同活到现在。
呪われたあの子の人生に、せめて私だけは。
那个孩子被诅咒的人生当中,至少我可以——。
思いがけず突然に終わりは訪れる。いや――そんな予感はどこかでずっと鼓動を続けていた。
结局的到来总会让人措手不及。不会的——然而这个预感一直在深处搏动着。
こんな醜い姿を
又有谁会爱上
誰が愛してくれる?
我如此丑陋的模样?
-人生という名の檻の中で―
——在名为人生的牢笼之中——
「それで君はそんな体に?」
「所以你的身体就变成了这幅样子?」
「ええ」
「是的。」
「……お気の毒に。先祖の過ちが今こうして君を苦しめている」
「……我很遗憾。祖先的犯下过错如今还在折磨着你。」
「…………」
「………………」
「君がここへ来た頃から、私は何度も君に会っていたのに、どうして気付けなかったのでしょうね」
「你来到这里以后我已经见过你很多次了,为什么我之前没有察觉到呢。」
「……?」
「……?」
長髪の男は何かを考えるような顔をしながら少し視線を落とす。そのまま思い耽るように黙る男に、少年が呟くような声で言う。
长发的男人仿佛在思考着什么,将视线稍微放低。对就这样陷入沉思的男人,少年小声问道。
「僕はもう普通に生きて、普通に死ぬことはできないのでしょうか?」
「我还能够普通地活着,然后普通地死去吗?」
「……わかりません」
「……不知道」
そう答えると、少年は驚きや落胆する表情さえも見せなかった。変わらない目線。しばらくの沈黙。男は窓の方へと歩いていく。
听到回答以后少年并没有露出惊讶或者失落的神情,他的眼神中看不出情绪的波动。片刻沉默之后,男人走向了窗边。
「いつからか、君は皇宮に来る時いつもそのマスクを外していませんが、何か理由でも?」
「不知从何时起你每次来到皇宫都不会摘下那副面具,是有什么原因吗?」
「……数年前に元老院の一人に、君はご両親のどちらにも似ていないねと言われました。きっと悪気はなかったでしょう。しかしそれから自分の容姿についてとても気になり始めました。父上に似ていないのは自分でも感じていました。僕が物心つく前に母は亡くなりましたし、写真等も見たことがありません。ですから似ていないと言われた日から、僕は自分があの両親から生まれた子ではないのかもしれないという疑念が生まれ、僕と陛下の関係を知る人間にはできるだけ顔を見られないようにしてきました。僕も杞憂だと思いたかった。でも――」
「……几年前元老院的一位成员对我说『您和您的双亲都长得不是很像』。他当时应该没有恶意,但是从此我就开始非常注意自己的容貌。我之前也注意到自己长得并不像父亲,而母亲在我记事之前就已经去世了,我也从来没有见过她的照片。因此在他说了那句话之后,我就开始怀疑自己并不是现在双亲的孩子,也尽量避免让知道我和陛下之间关系的人看到我的容貌。虽然我也希望这是杞人忧天,然而——」
「でも本当に血の繋がりは無かった……か」
「没想到真的没有血缘关系……吗」
少年は俯き、少し乱れた呼吸を整えるように、静かに息を吸う。
少年低下头,仿佛是为了整理有些紊乱的呼吸,轻轻地吸了一口气。
しばらく沈黙は続いた。
沉默又持续了片刻。
「話を聞いてもらって、少し楽になりました。……ありがとうございます」
「你愿意听我的倾诉,让我感觉轻松了一些。……谢谢你。」
「いえ、力になれず申し訳ございません」
「哪里,我才是非常抱歉不能成为你助力。」
いつの間にか日が暮れようとしていた。
不知何时窗外已是黄昏。
言葉を探すように、選ぶように黙る。
两人静默不语,似乎是在搜寻和选择合适的话语。
少年は何かを言いたそうな、何かを言ってほしそうな表情だった。
少年欲言又止。
「……しましょう」
「……吧」
「え?」と少年は思わず声を漏らす。
「什么?」少年不禁出声反问。
あまりの事に聞き間違いだと思った。
说出的话如此惊人,他以为自己听错了。
きょとんとする少年に背を向け、男は優しく言った。
看着面露惊愕神情的少年,男人温柔地重复了一遍。
「復讐しましょう。私も、君と同じなのです」
「我们复仇吧。我,也是你的同类。」
―だれかの心臓になれたなら―
——如果能够成为某人的心脏——
心臓が鼓動し、管を通り血液が全身を廻り、肉体は存える。保たれる。続いている。
心脏搏动,血液通过血管在全身循环,以此维系肉体。保持。延续。
どうやって心は在り続ける?
心要如何存在?
幸福と不幸を取り込み融けていく。形を変える。悲喜を噛み締め、吐き出し、また腹を空かせる。
将幸福与不幸吸收融化。变换形状。将悲喜咬碎、吐出、又重新回归饥饿。
どうやって心は在り続ける?
心要如何存在?
肉体と同じだ。原動力となる心臓が血液を運び、存える。保たれる。続いている。
和肉体同理。作为原动力的心脏运输血液,以此维系。保持。延续。
その"心臓"とは?
那么“心脏”究竟是?
形は無い。目には見えない。その命を必要とするもの。
没有形状。无法用眼睛鉴别。同时又需求着它的生命力。
君の心が壊れたり、失われていないのは、きっとどこかでその心臓がまだ動いているからだ。
你的心还没有被破坏、丢失,是因为它的心脏肯定还在某处跳动着。
君もだれかの心臓になれる。
你也能成为某人的心脏。
どうか強く生きて。
请你坚强地活下去。