萌娘百科衷心希望新型冠状病毒肺炎疫情早日结束! | 创建原型类条目前请阅读关于原型类条目收录方针变动的公告
七日内新公告:关于网站网络波动的公告
  • 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~

Veronica(VOCALOID)

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书!转载请标注来源页面的网页链接,并声明引自萌娘百科。内容不可商用。
跳转至: 导航搜索
3605875.jpg
本曲目已进入殿堂

恭喜本曲目超过10万次播放,获得了VOCALOID殿堂曲的称号。
Veronica.jpg
Illustration by 片井雨司
歌曲名称
Veronica
ベロニカ
于2016年12月23日投稿至niconico,再生数为206,000+
投稿至YouTube,再生数为620,000+
演唱
初音ミク
P主
ユリイ·カノン
链接
Nicovideo  YouTube 

ベロニカユリイ·カノン于2016年12月23日投稿至niconico的VOCALOID原创歌曲,由初音ミク演唱,ユリイ·カノン的第五首VOCALOID原创曲。

Niconico上本曲视频简介ユリイ·カノン的第一句话是「悠遠と死遊園都市(悠远与死)」

本曲经过重调为GUMI演唱和改名为《遊園都市ベロニカ后收录于专辑Kardia中。

歌曲

词·曲·PVユリイ・カノン
曲绘片井雨司
母带窓付き
演唱初音ミク
宽屏模式显示视频

歌词

  • 翻译:凉宫晋子
ベロニカ
Veronica
闇にゆらりゆらぐ遊園都市《ベロニカ
在黑暗中摇荡的游园都市 Veronica
嗚呼 まるで世界の心臓みたいだった
啊啊 简直像是世界的心脏一样
文字の雨が降る叙景の向こう
下着字句的雨的叙景的另一边
あの日からきみを見ている
从那一天就开始看着你了
どこかきみの影を持った
在某处怀着你的影子
街は息をして
街道在呼吸着
酸素が生まれ肺に融けて
氧气产生又融化在肺里
血に乗って巡る
随着血液循环着
夜に聳える時計塔
在夜里耸立着的时钟塔
過去を刻んでも
尽管铭刻了过去
あの日の約束はもう叶えられないの
那一天的约定却已经再无法实现了吧
午前0時の夜汽車に乗って
乘上深夜0点的夜班车
銀河を越えてきみを迎えに行くよ
越过银河 为迎接你而出发
第4地区の片隅で
于第4地区的角落
落とした心臓が脈を打つ
落下的心脏在跳动
闇にゆらりゆらぐ遊園都市《ベロニカ
在黑暗中摇荡的游园都市 Veronica
首くくりくるり眩む 脳に焼き付いて
旋转着令人目眩 烙印在脑海
きみの声は聴こえていたのに
明明听到了你的声音
また耳を塞いでいたんだ
却又将耳朵堵上了啊
提唱 洗脳 群衆 制裁
提唱 洗脑 群众 制裁
法螺吹きのロンド
讲着大话的回旋曲
茜空に並ぶ鉄塔
茜色天空中并立的铁塔
鐘と賛美歌
钟与赞美歌
道化が踊るサーカステント
小丑跳着舞的马戏团帐篷
遊戯場の東
娱乐区的东边
演目の無い劇場 廃墟
没有节目的剧场 废墟
きみを創るすべて
全部都是为了构建出你
それは壊れた映写機のように
这就像坏掉的放映机一般
褪せた戯曲を繰り返す
将褪色的戏剧反复播送
ガラクタだらけの市街地でまた
于尽是荒废的市区
咲かないままの命が枯れるの
又有仍未盛放的生命枯萎了
きみは藍色の夜明けになって
你成为了蓝色的黎明
わたしはここで ひとり置き去りのまま
而我在这里 独自一人被丢在原地
朽ちた日の言葉を零す
将枯朽的日子里的话语倾吐出
誰かの心臓になれたなら
如果能成为谁的心脏的话
どうか
请将
生きる意味をおしえて ベロニカ
活着的意义告诉我吧 Veronica
ねえ
生きていいと言ってよ ベロニカ
快说「活下去也很好」啊 Veronica
『だから』
『所以』
『"こんな世界"なんて嘆くきみの瞳に
『为叹着“这样的世界”的你的眼眸
雨上がりの七色を見せてあげる』
展现出雨后天晴的那份七彩』
藍に融けた きみの手を取って
融化在蓝色中 轻握住你的手
星空へ落ちていくから
向着星空跳落下
殺して ベロニカ
抹杀掉吧 Veronica

歌曲相关

在歌曲的PV分镜中出现的文段

【0:03】
【00:03】
闇の夜は
黑暗的夜晚
苦しきものを
是令人痛苦的东西
いつしかと
不知不觉间
我が待つ月も
我们等待着的月亮
早も照らぬか
早已照亮了它吗
【0:04】
【0:04】
闇はどうしてこんなにも美しいのだろう。
为何黑暗会如此动人?
目が沈んだこの街の空に、闇を飾り立てる星は見えない。くすんだ大気と、街の光がそれを掻き消している。
夕阳西沉,本该装点天空的繁星却湮没在浑浊的空气和街道的灯海当中,无法分辨。
彼女の声も名前も存在もこの街は掻き消していく。
她的声音、名字甚至存在本身也同样湮没在这条街道当中。
遊園都市《ベロニカ》
游园都市《Veronica》
山々に囲まれ、外界から隔てられたこの街の夜景は闇という海に浮かぶ島のよう。娯楽が溢れていて、街全体遊園地のようになっている。
这座城市四面环山,与世隔绝,一到晚上就化身为漂浮在黑暗之海中的孤岛。岛上则满载着娱乐设施,整条街道都好比一个大型游乐场。
彼女と二人で見た情景を前に、一人佇む。
我现在一人驻足于此,面前是和她两人一同见证过的情景。
街の光がどれも小さく見える。ここからすべてを見下ろす私はまるで神様にでもなった気分。
从这里俯瞰,街道的灯光都变成了细小的光点,而站在此处的我仿佛变成了神。
以前ここに来た日からどれくらいの時間が経ったのだろう。
自从上次来到这里已经过了多久?
彼女がいなくなる前と後とでは、まるごと別の景色に取っ替えたみたいに違って見える。あの目から私だけがこの世界に置き去りにされている。そんな気がした。
在她消失以后即使是相同的景色,在我眼中看来也与过去截然不同。从那天以后,似乎只有我一个人被丢弃在这个世界。
遊戯場の東。彼女と過ごした第4地区。その片隅から見下ろす人工銀河。ここから観るベロニカはまるで世界の心臓みたいだ。
游乐场的东边就是我和她一同生活过的第4地区,在地区角落还可以窥见从上天向下凝望的人工银河。从这里观察到的Veronica就像是整个世界的心脏。
たくさんの歯車が回る。街も、人も、どこかで噛み合いながら回り続ける。
成千上万的齿轮运转着,街道和人群也是其中一员,互相咬合维系运转。
噛み合う歯車とはぐれてしまった私は、ずっと動きを止めたままだった。それでも世界は回る。
而我从互相咬合的齿轮中脱离,一直停滞不前。即使如此世界也仍在运转。
「明日は死ぬことにした」
“我打算明天去死。”
誰かの言葉を口にしてみる。現実味の無い言葉だったけれど、それは確かに助けを求めてやみくもに手を伸ばした、私に向けられた彼女の声。
我尝试着陈述某个人说过的话,却没有什么实感。但这句话确实是她挣扎着伸手向我求助时说出的肺腑之言。
彼女の言葉が、温もりが私を今も生き長らえさせているのに、私はこの場所に来ても何もしてあげられない。
她的言语和温暖到现在仍然在延续我的生命,而我站在这里却无法为她做任何事情。
あの帰り道で見た彼女の笑顔は嘘だったのだろうか。
那次她在回家路上露出的笑容难道都是谎言吗?
最後の日の帰る道から今日まで、陽の差さない土の中で息を止め続けていくような毎日だった。少しでも前に進もうと、人並みの人生を送っていたはずだった。病気がちだった体も昔ようはだいぶ良くなったのに、この痛みは今も癒えない。
从最后一次踏上回家路的那天到现在,仿佛每天都摈着呼吸,被囚禁于没有任何日光照射的地下。本以为只要过着与普通人一样的生活,就可以让自己有些许的进步,甚至多病的体质都改善了不少,然而这份疼痛却一直没有痊愈。
だが、この痛みだけが彼女と私を繋ぐ鎖。決して断ち切られることのない強固なもの。いや、錆びついて動けなくなったのか。
但是,正是这份疼痛化作锁链将她和我紧紧联系在了一起,坚固无比,永不断裂。不,也可能是因生锈过多而难以挪动。
数年前の同じ場所。梅雨の季節。
与数年前一样的地方,同样在梅雨季节。
いつかの彼女の声がする。
仿佛听到了她曾经的声音。
『雨が止む頃には暗くなっちゃうね。そろそろ帰ろうか』
“要等到雨停早就天黑了,我们还是先回去吧。”
その日の景色はずっとぼやけたまま。
那天的景色也一直模糊不清。
『天気予報だともうとっくに晴れてるはずだったのにね。次来る時はちゃんと綺麗な虹見せてあげる』
“如果按天气预报的说法早就该放晴了,可惜一直在下雨。下次过来的时候一定要让你看到漂亮的彩虹。”
『うん』
“好。”
『自ら願って生まれた訳じゃない。歩き疲れたなら立ち止まって泣いてもいいんだよ』
“人的出生是无法由自己决定的,所以如果走累了,不如停下来哭一场。”
出番の無かったスケッチブックを鞄に仕舞う。私を元気づける為に連れてきてくれたのをわかってたのに、期待通りの応えを私は返してあげられなかった。
我把终究没有用到的素描本收进包里。她明明是为了让我打起精神才把我带到这里,我却无法很好地回应她的鼓励。
『また来よう』
“下次再来吧。”
叶えられない約束をした。
我们定下了无法实现的约定。
【1:06】
【1:06】
夕闇は
黄昏
道たづたづし
沿路走着
月待ちて
等待着月亮
行ませ我が背子
我的背上
その間にも見む
在那时也看到了
【1:07】
【1:07】
「私はこの街が好きだけど、生まれてから死ぬまでずっとこの街にいるだなんて、馬鹿げてると思う」
“我虽然喜欢这座城市,但是如果一生都要留在这里的话,这个想法也未免太傻了。”
さっき観た映画の舞台は、こことはかけ離れている洗練された近代都市。それが彼女の心に響いたのか、ふとそんな事を言った。
刚刚放映的电影中,舞台被设置在与此处相距甚远的生气蓬勃的现代都市当中,她突然说出这番话也许是因为内心深处与电影产生了共鸣。
一年前にこの街に来た私と違い彼女はここで生まれ育った。だから"外"への憧れがあるのだろう。
与一年前初来这条街道的我不同,她是土生土长的本地人,所以才会对“外面”有所憧憬吧。
外から来た私にとってはとても新鮮だったけど、そのすべてが彼女が生まれた時から見てきたもの。どんなに楽しい映画も何回、何十回と観ればつまらなくなる。彼女にとってはこの街は見飽きた映画そのもの。
虽然这里的一切都令我耳目一新,但对她而言都是与生俱来的环境,无论多有趣的电影,看了几次乃至几十次以后也会变得枯燥无聊。对她来说这条街道就是早已看腻的电影。
この風景、人間模様が、彼女という人間を作ってきた。
街道的景色还有风土人情,造就了她。
【2:01】
【2:01】
「死んだら…… どんな感じなんだろうね」
“死去……会有什么样的感受呢”
彼女はそう言った。良い親子関係とは決して言えなかったが、実の父親を失った事は彼女にとっても少なからずショックだったはずだ。久しぶりに聞いた彼女の声は憂いを帯びていた。
她如此说道。父女关系虽不算和睦,但亲生父亲的去世仍然给她带来了不小的打击,即使很久没有听到过她的声音,也能听出其中饱含的忧愁之情。
「私あんなに父さんのこと嫌ってたのに、父さんが亡くなる前の日に、今にも意識を失いそうなくらい弱々しい声で私の名前を呼んで…… そんな父さんを見たら涙が止まらなかった。きっと今日が最期の日なんだって、なんとなく感じた。だからせめて最後になる思い出は笑顔見せようって思ったのに」
“我明明那么讨厌爸爸,但是在他去世前一晚,声音已经虚弱到快要失去意识了,还在叫我的名字……看着这样的爸爸我的眼泪就止不住的流。他肯定隐约当中察觉到死期将至,所以本来想至少要笑着留下最后的回忆……”
「たぶん、お父さんも嬉しかったはずだよ… うん。誰だって自分のために泣いてくれて嬉しくないわけないよ」
“我想爸爸肯定也很高兴……肯定。毕竟没有谁在别人为自己哭泣的时候会感到高兴。”
私が返した言葉に彼女は小さく頷いて、それからはお互い何も言わなかった。
对于我的回答她只是微微点了一下头,之后我们相顾无言。
彼女は父親を見送った日から、死というものにとらわれているかのようだった。まだ15歳の彼女には、父親の死を背負うにはあまりにも大き過ぎた。
在我们送走父亲以后她仿佛一直被囚禁在死亡的阴影当中,对于年仅15岁的她来说,父亲死去的重担太过沉重了。
【2:41】
【2:41】
『今日午後19時頃、△△県○○市のアパートで、女性が血を流して倒れているのをアパート大家の男性が発見し、病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。女性はこの家に住む主婦の××××さんで、高校1年生の長女と二人暮らし。長女の行方が分からなくなっていることから、何らかの事情を知っているとみて行方を捜しています——』
“今天晚上19点,在△△县○○市,男房东在公寓房间中发现一名女性流血倒在地上。虽然被害人第一时间被送往医院,但是不久之后确认死亡。女性的身份是居住在这个房间里的主妇××××,与现读高中一年级的长女一起生活。发生此事后长女下落不明,警方推测她是相关知情人,正在追查行踪当中——”
遮断するようにテレビの電源を切った。
仿佛是要打断新闻的播报一般,我切断了电视的电源。
世間では、この長女が母親を殺害して失踪したのだと考えるに違いない。血が繋がっていないとはいえ、高校生が母親を殺したなんて話題の欲しいマスコミにとっては、恰好の餌食だろう。
民间肯定会认为长女是因为杀害了母亲所以隐匿了行踪。虽然血浓于水,但是对于喜欢制造话题的媒体来说,高中生杀害亲生母亲的噱头却是恰到好处。
私も事件を知ったのは、友達という事で警察から事情聴取された時で、彼女が今どうしているかも知る由もなかった。
而我是在以她朋友的身份接受警察取证时,才知道了这件事的发生,并且我对她的去向一无所知。
【2:57】
【2:57】
世の中に
如果世界上
絶えて桜の
完全没有了
なかりせば
樱花的话
春のこころは
春天的心意
のどけからまし
就没有那么悠闲了吧
【2:58】
【2:58】
棺に眠る彼女の顔を見ても、どうしてか涙は出なかった。
看着躺在棺材中的她的面庞,我的眼泪却流不下来。
冷たく硬直した陶器のような白い肌。照明を受けて艶やかな光沢を帯びた髪。まるで精巧に作られた人形のようだった。私にはそれが彼女であると思えなかった。認めたくながっただけなのかもしれない。でも確かにその遺影は、忘れもしない私が撮影した彼女の写真だった。
白瓷般细腻的肌肤已经彻底冰冷僵直,柔顺的发丝在照明灯下倒映出光泽,整个人看上去就像被精心制作出的人偶。我无法认同躺在这里的人就是她,或者只是我不想承认而已。但是我为她拍摄的照片,确实作为遗照放在了那里。